手話通訳士

手話というものは、聴覚障害者の情報伝達手段として重要な役割を果たしています。手話通訳士というのは、健聴者の話している言葉を聴覚障害者に理解しやすく手話に置き換えて伝えたり、聴覚障害者の表現している手話の内容や意味を話し言葉に置き換えて、健聴者に伝える専門職です。スムーズなコミュニケーションを図る手話通訳士の役割はとても重要で高い能力が求められます。まだまだ職業としては未開拓の分野なのですが、障害者の社会的な行動範囲が拡大しつつある中で、人材は大幅に不足しているので、手話通訳士の整備・拡大が更に図られています。

資格: 公的資格
主な職場: 福祉系専門学校、都道府県、市区町村など

【生涯学習のユーキャン】社会福祉士講座

【生涯学習のユーキャン】120以上もの通信講座を開講中。教養・趣味・技能・資格と豊かになるための様々なコースがあります。
 

Copyright © 2006 介護・福祉の仕事・資格・学校ガイド. All rights reserved